5 Translated Yosuke Tanaka Poems

By , , and | 1 May 2019
Birds

Bengal’s year begins in April, so
it is quiet in this January suburb of Kolkata.
The invitation had come from an old friend, 
who met me at the airport. I told him
I’d had two in-flight meals of curry.
When I wake in the dormitory,
a bird flies to the lattice
of the colonial-style windows
as if wondering “who is this visitor?”
The bird sees the scattered contents of my suitcase.
Beside the toilet, a hand shower
and a large bucket and scoop.
Luckily, I’d brought two rolls of toilet paper.
Dawn sun enters the room.
West Bengal sun enters the room.
A man walks gracefully beside the dormitory’s pond.
A man walks gracefully beside the tennis court.
In their own way, people live without thinking that
this privileged life is especially strange.
Another bird comes.
It lands elsewhere.
Inviting the other. Clearly
inviting the other.
The first bird is confused, as if wondering what to do.
With a restless, 
nervous air it drifts into the room.
But, in the end, it succumbs to the invitation.
And the first bird,
sticking close to the second, leaves.
And in this welling-up January
they fly off into the distant sky.




ベンガルの一年は四月にはじまるので
一月のコルカタの町はまだ静かである。
機内食のカレーを二食続けると旧友にめぐり会い
朝のドミトリーで目を覚ますと
コロニアル様式の窓の格子に
鳥が来た。
この遠方からのお客は誰であろうかと
窓辺にとっ散らかったスーツケースの中身をのぞいている。
水洗トイレには水のシャワーが欠かさずついて、
大きなバケツと小さな手桶のセット。
何となくトイレットペーパーを二巻き持ってきてほんとによかった。
朝日が部屋に差し込んでいる。
西ベンガルの朝日が部屋に差し込んでいる。
この堅く守られたニュータウンの
ドミトリーの池のほとりを優雅に男が歩いている。
テニスコートのほとりを優雅に男が歩いている。
それなりに特権的な暮らしだが
特におかしいとも思わずに人々が生きている。
もう一羽、鳥が来た。
別の場所に止まって、
誘っている。あきらかに、
これは誘っている。
最初の鳥はどうしようか迷う様子だ。
きょときょとと、
落ち着かない雰囲気。部屋の中にも流れてくる。1
  1. Translated by Shane Strange and Andrew Houwen
This entry was posted in TRANSLATIONS and tagged , , , . Bookmark the permalink.

Related work:

Comments are closed.